忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カワセミ Common Kingfisher

HDDに眠っていた7年前のデジスコ写真から一枚。




背景のボケが汚い。  2006年1月撮影 [KOWA TSN-664ED PROMINAR + TSE-14W + SONY DSC-W5 / アスペクト比調節の為上下をトリミングしています]



デジスコ用に新しいコンデジ買おうかな・・お金無いけど。

 

拍手[0回]

PR

チュウヒ

はい、どーも。

またまたご無沙汰でした。



短時間だけ、ですけど、約1年ぶりにチュウヒの撮影ポイントへ行ってきました。

少し載せておきます。








撮影機材はすべてTSN-664&TSE-14W+DSC-MZ3、今回は三脚載せです。
(一枚目のみノートリ、あとの二枚は800x600 pixに縮小後トリミング)



年内にあと一回ぐらい撮影に行きたいですが・・・どうなるやら。


 

拍手[0回]

シギチ増加中


                                                                  (Kowa TSN-664 PROMINAR / TSE-14W / SANYO DSC-MZ3 / 三脚使用) 

夕方、曇り空の干潟へ。

新しいシギ・チが入ってないか、チェックです。

おっと、だいぶ夏羽への換羽が進んだダイゼンが一羽。



ダイゼンから視線をツーッと右へずらすと・・・今季初認、チュウシャクシギの小群ですー。

                                                                  (Kowa TSN-664 PROMINAR / TSE-14W / SANYO DSC-MZ3 / 三脚使用) 

この写真一枚の中に、5種の鳥が写ってます。盛りだくさん。

チュウシャク、もうひとつ↓

                                 (Kowa TSN-664 PROMINAR / TSE-14W / SANYO DSC-MZ3 / 三脚使用)

なんか、一羽デカいような気がするんです。



今日は写真多いよー(笑

婚姻色が鮮やかなコサギ↓

                                (Kowa TSN-664 PROMINAR / TSE-14W / SANYO DSC-MZ3 / 三脚使用)

ちょっとお化粧濃いですな。



背後に忍び寄るコチドリ・・・コサギは全然気づいていませんねぇ↓

                                (Kowa TSN-664 PROMINAR / TSE-14W / SANYO DSC-MZ3 / 三脚使用)

『志村ぁー、後ろ後ろっ!!』



ちっちゃくて赤いチョロチョロしてるの。トウネンも飛来です↓

                                (Kowa TSN-664 PROMINAR / TSE-14W / SANYO DSC-MZ3 / 三脚使用)

まだ数は少ないようで、近くには来てくれず。うぬぅ。



んでですねぇ、最後のコレ↓なんですが。

                      (Kowa TSN-664 PROMINAR / TSE-14W / SANYO DSC-MZ3 / 三脚使用 / トリミング有り)

手前の小振りなシギですが・・・ハマシギ夏羽へ換羽中、ですよねぇ?

なんでかなぁー、うまく言えないんだけどなぁー、

なんか気持ち悪いってゆーか、違和感を覚えたんですね。

気のせいですか。



ま、干潟にはいろいろ来てます。

来週中にはコアジサシも入ってきそうですし、楽しみですなぁ。

拍手[0回]

小さい鳥に大きい鳥


                                                                  (Kowa TSN-664 PROMINAR / TSE-14W / SANYO DSC-MZ3 / 三脚使用) 

日曜日は午後から干潟へ。

なにか入ってるかな・・・あっ、今季初認のメダイチドリです。

赤い色が遠くからでも目立ってました。



ん?あの大きなシルエット・・・大きさとスタイルから思いつく鳥さんは・・・。

                                                                  (Kowa TSN-664 PROMINAR / TSE-14W / SANYO DSC-MZ3 / 三脚使用) 

ほう、ロクさんじゃないですか。そう、ホウロクシギさんでしたー。

わ、久しぶりやね。元気にしてたん?

最後に出会った個体と同じなワケないんですが、心の中でそう思いながらシャッターを押します。



近縁のダイシャクシギによく似てますが、一番わかりやすい識別点はコレ↓

                                 (Kowa TSN-664 PROMINAR / TSE-14W / SANYO DSC-MZ3 / 三脚使用 / トリミング有り)

ダイシャクさんでは背中~腰が白っぽいのに対して、ロクさんはこのとおり。



ユリカモメの群れと一緒に、ただのカモメもまだ結構いました。

                                (Kowa TSN-664 PROMINAR / TSE-14W / SANYO DSC-MZ3 / 三脚使用)

グレーの肩羽とピンク色を帯びた嘴・脚。第一回冬羽>夏羽へ移行中か。

それほど珍しくもないけど、撮れるうちに、ねぇ。



ちょっぴり眼の調子が悪くて、ピント合わせがうまくできません>って、もともとやん f(^ー^;

久々の三脚据え置きでしたが、ピント合わせはしやすくなりますねぇ。

どちらにしても黒猫のMZ3にはレリーズの取り付けができるような加工をしてないので、シャッター手押しなんですが。


拍手[0回]

ハイイロチュウヒ

金曜日、ひさしぶりに鳥さん見てきました。

ハイチュウ♀。まともに撮れたの初めてですか。



顔が暗くなっちゃいましたねぇ。(TSN-664ED PROMINAR / TSE-14W / DSC-MZ3 / 三脚使用 / ノートリ)

ほんとはもっとアップで撮れるチャンスがあったんですが、MZ3が謎のフリーズをおこして撮影できず・・・orz

あーっ、40Dとかゴーヨンとかで撮ってみたいなぁ(無理)

手持ちのK100D用に中古で400/5.6なんかを買うのと、コリメートでスコープにつなげるのってどっちが幸せに近いんだろ。むむ。

拍手[0回]

歩け歩けー。



このところ夜勤明けの運河にしか --それも週に一回-- 撮影に行けないので、またまた在庫から。

ハクセキレイは 『歩くセキレイ』 。
セグロセキレイが華麗な飛翔で水面に姿を映しているときも、
キセキレイが優美な尾羽をスイングしている間も、
トコトコとことこ・・・彼ときたらひたすらに足を動かしてエサを探すわけで。

この写真は小川の堰堤が舞台。
ハクセキレイくんが段上で黒猫は段下、ステージを行くスターを客席から激写した一枚ナリ。
足下の白っぽいものは流水です。

背景のボケが汚いのが苦しいところだけども、
ドアップで羽毛の一本一本が解像したデジスコ写真よりも、僕は、こういうのが好きだ。

( 撮影機材 ; KOWA TSN-664ED PROMINAR + TSE-14W + SONY DSC-W5 / ノートリミング )

拍手[0回]

百舌鳥



ちょうど一年前にこの道を通った・・じゃなくこの写真撮ってました。

警戒心バリバリな様子だったので、あまり近づいて嫌われるのもどうかな、と。
それでこんな具合のちっちゃい写真になってます。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

デジスコは超々望遠・・・と言われるけど、実際に鮮明に大きく撮影できる条件はかなり限られるのが事実。
少なくとも黒猫の使用機材と腕前だと、2,000mm相当以上ではイマイチ解像感に欠ける写真ばかりナリ。
もっとも多用する30倍アイピース&デジカメワイド端の組み合わせでは約1,110mm相当であり、
これはAPS-Cサイズのセンサを搭載したデジタル一眼レフに500mmレンズ+1.4倍テレコンをセットした場合の焦点距離とほぼ同じ。

こうなったら、低速シャッターでも(被写体さえ動かなければ)撮影可能というもうひとつのメリットを活かしたくなるトコロ。
うむむ、待てよ、それでは近頃黒猫のメイン・スタイルである手持ち撮影は無意味ではないか。どーする黒猫。


( 撮影機材 ; KOWA TSN-664ED PROMINAR + TSE-14W + SONY DSC-W5 / 2592x1944>1000x750 pixelまで縮小後800x600 pixelにトリミング )

拍手[0回]

スッキリした~

自転車飛ばして河川敷へ。いつ以来かなあ、葦原に行って来ました。
そろそろチュウヒが来てるんじゃないかと思ったんです。

到着したのが午前11時半くらい、ポカポカ陽気で暑いくらいです。
えー、アオサギとカワウしか飛んでません(笑)
しかたないなぁ、なんて言ってはいけません。彼らは黒猫に飛びもの撮影を教えてくれた教官なのです!
感謝を込めて撮影させていただきます!しかたないから。

1109aosagi01.jpg 1109aosagi02.jpg 1109kawau.jpg

そうこうしてるうちに、「一応」猛禽のトビさんが飛来。てか、めっちゃ遠いな。これでもトリミングしてます。
それとマガモを今季初撮影です。

1109tobi.jpg 1109magamo.jpg

あまりの暖かさとヒマさの絶妙なバランスに、ついウトウト。
と、急にスズメが土手を越えて葦の海に逃げ込んだっ・・・!
ハイタカ襲来しますた!

1109haitaka01.jpg 1109haitaka02.jpg

この個体、スズメやドバトに見向きもせず、アッという間にぐんぐん高度を上げて飛び去ってしまいました。
なんなんだ。

さて、そろそろ帰るかな・・まだここにチュウヒは来てないのかも・・・と思った瞬間です。
やや遠くの葦原からチュウヒが浮上!すぐにまた降りてしまいましたが(泣)証拠写真はゲットです。

1109chuuhi01.jpg 1109chuuhi02.jpg

えーと時計を見るとすでに2時半。そろそろ帰らなければなりません。
奥さんと買い物に行く約束があるのです!
なので本日はこれで終了。来週から引っ越しの準備があるので、またしばらく撮影はおあずけです。
短時間でしたがなかなかの成果、かな?

(本日の撮影機材:TSN-664ED PROMINAR+TSE-14W+DSC-MZ3 / 手持ち撮影及び三脚併用)

拍手[0回]

ノビタキ

おなかの膨らみが目立ち始めた奥さんとふたりで、電車・バスをつかって京都府南部の温泉へいってきました。
宿の近くで撮影できたノビタキです。

1002nobita1.jpg 1002nobita2.jpg 1002nobita3.jpg

どうもイマイチなんですが、小雨まじりで強い風という条件でしたのでお許しください( ´-`)

つづいてオマケの昆虫編。

1003hanmyou.jpg 1003tombo.jpg

ハンミョウの写真だけデジカメ(W5)単体で撮影。そのほかはデジスコです。

昆虫を撮影した2日目は良く晴れてくれて助かりました。

食べ物もおいしくてお風呂も気持ちよかったです。
近場で一泊とはいえ、ふたりだけでの旅行はたぶんこれが最後。楽しかった(^-^)

拍手[0回]

自宅そばの公園にて(キビタキ若)

今日は夜から仕事なので、昼間に近所の公園へ出かけました。

午後の公園はとても人が多く、デジスコ機材を担いで歩くのは少し恥ずかしい・・・(^_^;)
なのであまり目立たない木陰で準備をし、ジョギングをする人の迷惑にならない位置に定着することにします。
実は3日ほど前に奥さんと散歩に来たとき、この場所で鮮やかなキビタキ成鳥♂を数羽見かけていたのです。

しゃがんでジッと静かにしていると、薄暗い木の葉の間をチョロチョロする影が・・・
キビタキの♀でしょうか、褐色の背中と薄いクリーム色を帯びた白いおなかが見えました。

0929kibi1.jpg 0929kibi2.jpg 0929kibi3.jpg

2,3羽ほどがウロチョロして小さな羽虫や蛾のような昆虫を捕っていました。
雨覆や風切の羽縁が目立つので、若鳥である可能性もありそうです。

一度だけ美しい成鳥の♂を見たのですが、相当遠い木の上だったので撮影せず。
そういえばキビタキのきれいな写真って持ってないんです・・・むう。
ま、ほんの1時間弱で、しかも自宅から歩いてでも行ける公園でキビタキを撮影できたわけですから文句言えませんね(^。^)

(本日の撮影機材:久しぶりに軽量なTS-614ED PROMINARを持っていきました。アイピースは30倍、デジカメはSONY DSC-W5です。)

拍手[0回]

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

いろいろリンク。

KOWA プロミナーネットショップ
ネイチャーランドKYOEI
服雑屋
プレミアムバンダイ
バンダイ公式オンラインショップです

フリーエリア

プロフィール

HN:
黒猫
性別:
男性
趣味:
ほふく前進

バーコード

ブログ内検索

お天気情報

忍者アド

カウンター