忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カモの交雑個体

今年2月に撮影した写真を整理してたら、こんなのが混じってました。

060227marugamo.jpg
クリックで大きくなります(1000x750pixel)。

ん〜・・・これはカルガモと・・・マガモの交雑でしょうか?
カモの世界は異種間の交雑個体が意外に多いそうです。
他の鳥に比べ、種別間におけるDNAレベルでの差異が少ないのですかね。

そりゃー君考えすぎじゃよ、と失笑を買うかも知れませんが、
彼らの生息範囲が狭められてきている(物理的な距離の接近化)現況や環境ホルモンによる生殖異常の影響は無いのか・・・などと愚考してしまいます。

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

無題

今年初めアメリカヒドリの雑種を見ました。
生息域が狭まってるでしょうしゴミなどの富栄養化によって個体数はそれほどへってないかもしれないし。。。
雑種は増えてくるかもしれませんね。

無題

>kenさん

アメヒも雑種が多いようですね。
(『ねこのすな』でも雑種の個体を載せています)
繁殖地の一部では、ヒドリと普通に交雑しているなんて恐ろしい話も・・・(-_-;)
いろいろと難しい世の中です。

無題

ふむ〜、マガモの雌のようにも見えるカルガモですね。
カモは雑種が多いですからね。
アヒルの居る公園などでは、変なのが居ますよね。
川魚などでは既に環境ホルモンの影響が出始めてますんで、食物連鎖でそれらを食べる鳥などにも影響が出るんでしょうね。

無題

>kuwaさん

そうなんです、体の色や大きさはマガモなんですが、
首から上がカルガモで・・・。
たしかに公園などで、アヒルとマガモが交雑して
何やら怪しい姿になってるのいますね。

環境ホルモンといえば、アメリカの海ワシ類での影響が知られていますね。

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いろいろリンク。

KOWA プロミナーネットショップ
ネイチャーランドKYOEI
服雑屋
プレミアムバンダイ
バンダイ公式オンラインショップです

フリーエリア

プロフィール

HN:
黒猫
性別:
男性
趣味:
ほふく前進

バーコード

ブログ内検索

お天気情報

忍者アド

カウンター